information

2012年10月24日  米寿 -88歳-
2012年10月24日  定年退職 -緑寿 66歳-
2012年10月24日  還暦 -60歳-

Recomment

米寿 -88歳-


-米寿の由来-
「米寿」の「米」の字を分解してみてください。軸が「十」、それを2つの「八」が囲む形になっています。「八」という字は古来、日本では末広がりで縁起が良いとされてきました。同時に、瑞穂(みずみずしく、よく実った稲)の国である日本においては、「米」もまた大切な言葉。その2つがちょうど一致するのが「88歳=米寿」です。この縁起の良さ!漢字文化と米を大切に考えてきた日本人ならではの長寿祝いといえるでしょう。


-「金箔入り」食材・献立を考える。-
男女ともに世界1,2位を誇る日本人の長寿自慢をもってしても、それを超える長寿祝いである「米寿祝い」。そのキーワードとなる色は金茶色ですが、これにちなむものとして最近そのバリエーションが広がっているのが金箔を使った食材や献立です。
なんと、日本人の寿命が延び続け、米寿祝いの需要が高まるにつれ、金箔を使った食材も増えるなど金箔の登場がグンと増えてきているのです。
しかし、この金箔という「素材」。見た目にも縁起がよくて喜ばれる反面、本当に口にいれて良いものかどうか不安を感じてしまう人も少なくないようです。そのため、せっかく金箔をあしらったお料理を米寿のお祝いの席に用意したのに、主役のおじいちゃん・おばあちゃんがなんだか複雑な顔…というのでは、お祝いされる方もする方も不本意です。そこで金箔についてちょっと豆知識。
まず金箔を口にいれることの安全性ですが、これは「金」に対する金属アレルギーがある方を除けばまったく問題ないというのが正解といってよいでしょう。また、純度の高い金はもともと金属アレルギーを起こし難い物質ですから、その点でもあまり心配をする必要はないでしょう。ただ、ふだんから金属アレルギーが強い方の場合、心理的な抵抗は否めませんから、こうした方には、金箔入りの献立や食材は、心配りや思いやりとして避けたほうが無難です。
なお、金属アレルギー等の問題のない方の場合、金箔は食べても無害です。というのも、実は「金」は胃酸に溶けない物質。とけないということは人体に吸収もされません。つまり、安全性や栄養学から言えば、“毒にも薬にもならない”のが本当。ただ、その見た目は確かに華麗で美しいものです。日本古来の会席料理をはじめ、見た目を重要視する献立であれば、これはなかなか大きな魅力。しかも、見た目の縁起の良さが気分を盛り上げてくれるなら心理的な効果も大。おじいちゃん・おばあちゃんもご長寿意欲をかきたてられ、ますますお元気で過ごしていただけるかもしれませんね。


定年退職 -緑寿 66歳-


-定年退職と同じ年、65歳のお祝い-
数え年66歳、すなわち満65歳を祝う「緑寿」ですが、あまり知られていないのが現実です。 それも当然。実は「緑寿」祝いの習慣が生まれたのは2002年。全国百貨店協会が提唱したことが始まりなのです。長寿祝いの習慣はもともと古代中国から伝わったものですが、 その後日本で生まれた長寿祝いも多くあります。その中でも最も新顔が「緑寿」。しかも、行政の視点からも65歳以上が「高齢者」というくくりになっていることなどもあり、 「緑寿」は長寿祝いの一覧の中に名を連ねることとなりました。経緯を知れば、商魂たくましい日本の市場が生み出したと、皮肉な目で見てしまう方もいるのではないでしょうか。
しかし、ご本人にとってはお祝いされることは何回あってもうれしいものです。また、身近な方や親しい方にとっても、改めて笑顔の交流ができるきっかけともなるでしょう。 とにもかくにも、大切なのはお祝いをされる心。そのふさわしいかたちをいろいろ考えてみるのも良いものです。


-緑寿の誕生-
数え年66歳、すなわち満65歳を祝う「緑寿」…そんな長寿祝いがあったかな?と思われた方も少なくないかもしれません。実は「緑寿」祝いの習慣が生まれたのは2002年。全国百貨店協会が提唱したことが始まりです。長寿祝いの習慣は古代中国から伝わったものですが、その後日本で生まれた長寿祝いも多くあります。その中で最も新顔が「緑寿」というわけです。しかも、行政の視点からも65歳以上が「高齢者」というくくりになっていることなどもあり、「緑寿」は長寿祝いの一覧の中に名を連ねることとなりました。経緯を知れば、商魂たくましい日本の市場が生み出したと、皮肉な目で見てしまう方もおられるでしょう。しかし、ご本人にとってはお祝いされることは何回あってもうれしいもの。また、身近な方や親しい方にとっても、改めて笑顔の交流ができるきっかけともなるでしょう。とにもかくにも、大切なのはお祝いをされる心。そのふさわしいかたちをいろいろ考えてみるのも良いものです。


-緑寿祝いに贈るプレゼント-
緑寿のお祝いのキーワードは、その名称が表す通り緑色です。緑色は精神の安定を表す色。調和や癒しなどを表す色です。心身に疲れがあるときなどは無意識に緑色に目が行くと言われています。 ですから、色をキーワードに選ぶならグリーン系のものがおすすめです。また「緑寿の由来」でもご紹介していますが、「緑寿」の緑は地球の自然環境をイメージする「緑」でもありますから、 エコ思想に基づいたプレゼント選びというのも一案です。観葉植物のプレゼントや記念植樹なども「緑寿」ならではのお祝いとして意義深いものがあるでしょう。


Calendar
2014年9月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930